天の磐樟船(読み)あまのいわくすぶね

大辞林 第三版の解説

あまのいわくすぶね【天の磐樟船】

クスノキで造ったという、がっしりした船。日本書紀神話では伊弉諾尊いざなきのみこと・伊弉冉尊いざなみのみことが子の蛭子ひるこをのせて流したという。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あまの【天の】 磐樟船(いわくすぶね)

(「磐(いわ)」は「堅固な」の意) クスノキで作ったといわれる堅固な船。「古事記」「日本書紀」では、伊邪那岐、伊邪那美の二神が、子の蛭児(ひるこ)をこの船に乗せて棄て流したと伝えている。とりのいわくすぶね。
※書紀(720)神代上(寛文版訓)「次に蛭児(ひるこ)を生む。已に三歳になるまで、脚猶立たず。故(かれ)、天磐櫲樟船(アマノイハクスブネ)に載せて、順風(かぜのまにま)に放ち棄つ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android