天保小判(読み)てんぽうこばん

精選版 日本国語大辞典の解説

てんぽう‐こばん【天保小判】

〘名〙 江戸時代、天保八年(一八三七)から発行された長円形の一両通用金貨。裏面に年代をあらわす「保」字が打刻されているところから「保字小判」とも呼ばれた。重量三匁(一一・三グラム)、規定の品位は千分中五六七・八。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android