コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天然放射性同位体 テンネンホウシャセイドウイタイ

1件 の用語解説(天然放射性同位体の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

てんねん‐ほうしゃせいどういたい〔‐ハウシヤセイドウヰタイ〕【天然放射性同位体】

放射性同位体のうち、天然に存在するもの。原子炉や加速器などで人工的に作られるものを人工放射性同位体という。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の天然放射性同位体の言及

【同位体】より

…同位体のうち不安定で放射能をもち,崩壊するものを放射性同位体,安定で崩壊しないものを安定同位体あるいは非放射性同位体といっている。放射性同位体には,天然に存在する天然放射性同位体と人工的につくられた人工放射性同位体がある。天然に存在する元素では,多くの場合いくつかの同位体が存在するが(ベリリウム,フッ素,ナトリウム,アルミニウム,リンなどは一つしかない),それらの組成は地球上のどこへ行ってもほぼ一定の割合となっている。…

※「天然放射性同位体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone