コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天爾葉大概抄/手爾波大概抄 テニハタイガイショウ

デジタル大辞泉の解説

てにはたいがいしょう〔てにはタイガイセウ〕【天爾葉大概抄/手爾波大概抄】

語学書。1冊。藤原定家著といわれたが、実際は鎌倉末期から室町初期の成立。「てにをは」の用法を説く。この種の研究書では最初のもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone