コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弖爾乎波/天爾遠波 テニオハ

2件 の用語解説(弖爾乎波/天爾遠波の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

て‐に‐お‐は【×××乎波/天×遠波】

てにをは

て‐に‐を‐は【×××乎波/天×遠波】

ヲコト点の一種の博士家(はかせけ)点の四隅の点を、左下から右回りに続けて読むと「てにをは」となるところから》
漢文を訓読するときに補って読む、助詞助動詞用言の語尾、接尾語などの総称。また、主として、助詞・助動詞。てには。
特に、助詞のこと。大槻文彦の用語。てには。
助詞・助動詞の使い方。言葉の用法。また、話のつじつま。てには。「この文章は―がおかしい」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

弖爾乎波/天爾遠波の関連キーワード医博士天文博士博士家音博士国の博士暦の博士四部の博士博士家点明経博士弖爾波