コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天王洲(てんのうず)銀河劇場 てんのうずぎんがげきじょう

1件 の用語解説(天王洲(てんのうず)銀河劇場の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

天王洲(てんのうず)銀河劇場

大手芸能プロダクションホリプロが経営する劇場(746席)。2006年10月、東京・品川区の天王洲に開場した。これは演劇、ミュージカルダンスの公演などで使われてきた旧劇場「アートスフィア」(1992年開場)をホリプロが買い取り、舞台機構などを改めて、新しい名前で新装開場したもの。銀河劇場としての第1回公演は、鹿賀丈史市村正親、奥菜恵らが出演するブロードウェー・ミュージカル「ペテン師と詐欺師」(宮田慶子演出)。ホリプロが専用劇場を持つのはこれが初めてで、これまで以上に同社の演劇活動が活発になるものと予想される。大手芸能プロが所有する演劇用の専用劇場としては、ジャニーズ事務所が02年に買収した東京グローブ座に続くもの。

(扇田昭彦 演劇評論家 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天王洲(てんのうず)銀河劇場の関連キーワードプロダクションプロダクションシステムマスプロダクションリプロダクションプロダクトイノベーションマスプロダクツ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone