コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天王洲(てんのうず)銀河劇場 てんのうずぎんがげきじょう

1件 の用語解説(天王洲(てんのうず)銀河劇場の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

天王洲(てんのうず)銀河劇場

大手芸能プロダクションホリプロが経営する劇場(746席)。2006年10月、東京・品川区の天王洲に開場した。これは演劇、ミュージカルダンスの公演などで使われてきた旧劇場「アートスフィア」(1992年開場)をホリプロが買い取り、舞台機構などを改めて、新しい名前で新装開場したもの。銀河劇場としての第1回公演は、鹿賀丈史市村正親、奥菜恵らが出演するブロードウェー・ミュージカル「ペテン師と詐欺師」(宮田慶子演出)。ホリプロが専用劇場を持つのはこれが初めてで、これまで以上に同社の演劇活動が活発になるものと予想される。大手芸能プロが所有する演劇用の専用劇場としては、ジャニーズ事務所が02年に買収した東京グローブ座に続くもの。

(扇田昭彦 演劇評論家 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone