開館(読み)かいかん

精選版 日本国語大辞典の解説

かい‐かん ‥クヮン【開館】

〘名〙
① 図書館、映画館、博物館などを、初めて開くこと。⇔閉館
※風俗画報‐一七一号(1898)逗子の部「広く地所を購入し園を結び開館したるは、明治二十年頃なりき」
② 図書館、映画館、博物館などを開いて、人を入場させること。その日の業務を始めること。また、それらの館が開いていること。⇔閉館
※彼女とゴミ箱(1931)〈一瀬直行〉インチキ・レビュー、万歳、安来節、其の他「大東京と云へば、外国映画の二番煎じを以て開館(クヮイカン)してゐたのだが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かい‐かん〔‐クワン〕【開館】

[名](スル)
図書館・博物館・映画館など「館」と名のつく施設の業務を新たに始めること。⇔閉館
図書館・博物館・映画館などがその日の業務を始めること。「11時開館」⇔閉館

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android