開館(読み)かいかん

精選版 日本国語大辞典「開館」の解説

かい‐かん ‥クヮン【開館】

〘名〙
図書館、映画館、博物館などを、初めて開くこと。⇔閉館
※風俗画報‐一七一号(1898)逗子の部「広く地所を購入し園を結び開館したるは、明治二十年頃なりき」
② 図書館、映画館、博物館などを開いて、人を入場させること。その日の業務を始めること。また、それらの館が開いていること。⇔閉館
※彼女とゴミ箱(1931)〈一瀬直行〉インチキ・レビュー、万歳、安来節、其の他「大東京と云へば、外国映画の二番煎じを以て開館(クヮイカン)してゐたのだが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「開館」の解説

かい‐かん〔‐クワン〕【開館】

[名](スル)
図書館・博物館・映画館など「館」と名のつく施設の業務を新たに始めること。⇔閉館
図書館・博物館・映画館などがその日の業務を始めること。「11時開館」⇔閉館

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「開館」の解説

【開館】かいかん(くわん)

館を設ける。宋・李格非〔洛陽名園記の後に記す〕貴戚、東に開列第する、千餘邸と號す。~と共に滅びぶる、餘處無し。

字通「開」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android