コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天荊 てんけい

2件 の用語解説(天荊の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天荊 てんけい

?-? 織豊時代の僧。
京都妙心寺の僧であったが,右武衛殿(うぶえいどの)(九州探題渋川氏か)の命で,天正(てんしょう)5年(1577)と15年に修好のため朝鮮にわたる。文禄(ぶんろく)の役で小西行長にしたがい,朝鮮側に対する文書の作成にあたった。著作に「右武衛殿朝鮮渡海之雑藁(ざっこう)」,日記に「朝鮮国往還日記」「西征日記」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

天荊

生年:生没年不詳
安土桃山時代の禅僧。京都花園の妙心寺の僧侶。「右武衛殿」(九州探題渋川氏)名義の使節として天正5(1577)年と同15年に朝鮮に渡海するが,使節団は対馬島民で構成され,天荊自身も対馬とのかかわりが深く,対馬と朝鮮との通交権取得のための渡海といわれる。文禄の役(1592)の際,小西行長の従軍僧として,朝鮮側に対する文書の作成を担当した。日記に『右武衛殿朝鮮渡海之雑藁』(1577),『朝鮮国往還日記』(1587),『西征日記』(1592)がある。安土桃山時代の外交僧,朝鮮通として活動した。<参考文献>中村栄孝『日鮮関係史の研究』上中,北島万次『朝鮮日々記・高麗日記』

(関周一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天荊の関連キーワード南化玄興文閑山岡如軒弘尊安土桃山時代雪蹊寺雲外玄嶂悦堂宗懌希雲楚見雪江宗深

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone