太巻(読み)ふとまき

精選版 日本国語大辞典「太巻」の解説

ふと‐まき【太巻】

〙 太く巻くこと。また、巻きの太いもの。
※二人女房(1891‐92)〈尾崎紅葉〉上「ハバナの太巻を軽く持ち」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「太巻」の解説

ふと‐まき【太巻(き)】

太く巻くこと。また、太く巻いたもの。「太巻きずし」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例