コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太液 タイエキ

デジタル大辞泉の解説

たいえき【太液】

中国の歴代王朝の宮殿にあった池の名。代には長安城外の未央宮内に、代には大明宮内に、代には北京(ペキン)の西苑内にあった。太液池

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たいえき【太液】

中国で、皇城にあった池の名。漢代は長安城外の未央宮びおうきゆう内に、唐代は城内の大明宮内にあった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

太液の関連キーワード太液の芙蓉御粥安本解語の花フヨウ玉泉山庭園芙蓉城内苑囿皇城

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android