コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

未央宮 ビオウキュウ

世界大百科事典 第2版の解説

びおうきゅう【未央宮 Wèi yāng gōng】

中国,漢の長安城内南西隅にあった宮城。前漢の高祖7年(前200)より丞相の蕭何(しようか)が中心となって築き,恵帝から平帝までの皇帝が常居とした。東闕,北闕,前殿をはじめ宣室殿,温室殿,清涼殿など多数の殿閣,武庫,太倉等があったと伝える。王莽(おうもう)のとき廃され,後漢末に修復,前趙,西魏,唐にも修復された。遺跡は陝西省西安市北西郊にあり,宮牆はおよそ東西2300m,南北2000m,前殿基壇は約南北200m,東西100mの規模をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

びおうきゅう【未央宮】

漢の高祖劉邦が長安の竜首山に造営した宮殿。

みおうきゅう【未央宮】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報