未央宮(読み)ビオウキュウ

世界大百科事典 第2版の解説

びおうきゅう【未央宮 Wèi yāng gōng】

中国,漢の長安城内南西隅にあった宮城。前漢の高祖7年(前200)より丞相蕭何(しようか)が中心となって築き,恵帝から平帝までの皇帝が常居とした。東闕,北闕,前殿をはじめ宣室殿,温室殿,清涼殿など多数の殿閣武庫太倉等があったと伝える。王莽(おうもう)のとき廃され,後漢末に修復,前趙,西魏,唐にも修復された。遺跡は陝西省西安市北西郊にあり,宮牆はおよそ東西2300m,南北2000m,前殿基壇は約南北200m,東西100mの規模をもつ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

びおう‐きゅう ビアウ‥【未央宮】

中国、漢の長安城内にあった宮殿の名。高祖七年に、丞相の蕭何(しょうか)が造営したもの。

みおう‐きゅう ミアウ‥【未央宮】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android