太白星(読み)たいはくせい

精選版 日本国語大辞典の解説

五星の一つ、金星の異称。太白。あかぼし。ゆうづつ。〔二十巻本和名抄(934頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の太白星の言及

【李白】より

…異民族の居住地西域から四川に移住した父が富裕な商人であったらしい。誕生のとき,母がふところに太白星(宵の明星)の入った夢を見たところから,字を太白とつけたという。少年のころから奇書に通じ,成長すると岷山(みんざん)(四川省)にこもって暮らした。…

※「太白星」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android