コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夾雑 キョウザツ

大辞林 第三版の解説

きょうざつ【夾雑】

( 名 ) スル
余計なものがまざっていること。 「 -物ぶつ」 「二弟子の蘭軒に代つて浄写した詩が-してゐる事である/伊沢蘭軒 鷗外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

夾雑の関連キーワード響・鄕・享・京・供・侠・俠・僑・兄・兇・共・凶・匡・協・卿・叫・喬・境・夾・嬌・峡・峽・強・怯・恐・恭・拱・挟・挾・教・杏・梟・橋・況・狂・狭・狹・矜・矯・竟・競・経・胸・脅・脇・興・跫・郷・鋏・鏡・響・頬・頰・饗・香・驕・驚グローリー=ホール法触媒式浄化装置コーンスターチアーチファクトアメリカ文学さらし綿布金属の製錬贋金つかい新聞用紙社会科学種苗検査デンプン伊沢蘭軒混ざり物エキス剤酸水素炎精選器さらし珪藻土

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android