コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈良正長 なら まさなが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奈良正長 なら-まさなが

?-? 江戸時代中期の装剣金工。
江戸浅草御門内馬喰(ばくろ)町にすむ。奈良利永(としなが)の門人奈良利長(としなが)の弟子。薄(すすき)に蟷螂(とうろう),秋野の景色などの構図を得意とした。通称は清六。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android