コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥平壱岐 おくだいら いき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥平壱岐 おくだいら-いき

?-? 江戸時代後期の武士。
豊前(ぶぜん)中津藩(大分県)家老。安政のはじめ長崎で蘭学砲術をまなぶ。下級藩士ら改革派の排斥運動をうけ,文久3年(1863)江戸詰家老の職を解かれた。名は錫。通称ははじめ十学。号は寄梅。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

奥平壱岐の関連キーワード奥平寄梅豊前

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android