コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安政 アンセイ

3件 の用語解説(安政の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あんせい【安政】

江戸末期、孝明天皇の時の年号。1854年11月27日~1860年3月18日。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あんせい【安政】

年号(1854.11.27~1860.3.18)。嘉永の後、万延の前。孝明天皇の代。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典の解説

あんせい【安政】

日本の元号(年号)。江戸時代の1854年から1860年まで、孝明(こうめい)天皇の代の元号。前元号は嘉永(かえい)。次元号は万延(まんえん)。1854年(嘉永7)11月27日改元。災異(凶事)を断ち切るために行われた(災異改元)。『群書治要(ぐんしょちよう)』を出典とする命名。安政年間の江戸幕府の将軍は徳川家定(いえさだ)(13代)、徳川家茂(いえもち)(14代)。1854年(安政1)、ペリー率いる米国艦隊が再び江戸湾に現れ、幕府は米国との間に日米和親条約(神奈川条約)を結んだ。国内の開国派、攘夷派の対立が激化するなか、1858年(安政5)には日米修好通商条約をはじめ5ヵ国との間の条約に調印。この幕府の外交は、朝廷の勅許を得ずに行われたことから、幕府に対する不満・批判がさらに高まった。同年に大老に就任した井伊直弼(いいなおすけ)(彦根藩第15代藩主)は、尊王攘夷派をはじめとする批判勢力の徹底した取り締まり・弾圧を行った。これは「安政の大獄」と呼ばれている。その結果として、1860年(万延1)に桜田門外の変が起き、井伊は殺害された。一方、安政年間には各地で大地震が起こり、1855年(安政2)には江戸も大きな被害を受けた(安政江戸地震)。また、1858年(安政5)には江戸で「ころり」(コレラ)が大流行し、数十万人の死者を出した。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安政の関連キーワード元号私年号年号逸年号嘉永化政化政度大化和暦江戸子守唄

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

安政の関連情報