安政(読み)アンセイ

大辞林 第三版の解説

あんせい【安政】

年号(1854.11.27~1860.3.18)。嘉永の後、万延の前。孝明天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

あんせい【安政】

日本の元号(年号)。江戸時代の1854年から1860年まで、孝明(こうめい)天皇の代の元号。前元号は嘉永(かえい)。次元号は万延(まんえん)。1854年(嘉永7)11月27日改元。災異(凶事)を断ち切るために行われた(災異改元)。『群書治要(ぐんしょちよう)』を出典とする命名。安政年間の江戸幕府の将軍は徳川家定(いえさだ)(13代)、徳川家茂(いえもち)(14代)。1854年(安政1)、ペリー率いる米国艦隊が再び江戸湾に現れ、幕府は米国との間に日米和親条約(神奈川条約)を結んだ。国内の開国派、攘夷派の対立が激化するなか、1858年(安政5)には日米修好通商条約をはじめ5ヵ国との間の条約に調印。この幕府の外交は、朝廷の勅許を得ずに行われたことから、幕府に対する不満・批判がさらに高まった。同年に大老に就任した井伊直弼(いいなおすけ)(彦根藩第15代藩主)は、尊王攘夷派をはじめとする批判勢力の徹底した取り締まり・弾圧を行った。これは「安政の大獄」と呼ばれている。その結果として、1860年(万延1)に桜田門外の変が起き、井伊は殺害された。一方、安政年間には各地で大地震が起こり、1855年(安政2)には江戸も大きな被害を受けた(安政江戸地震)。また、1858年(安政5)には江戸で「ころり」(コレラ)が大流行し、数十万人の死者を出した。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あんせい【安政】

江戸時代、孝明天皇の代の年号。嘉永七年(一八五四)一一月二七日、異国船の渡来や内裏(だいり)炎上などのため改元。安政七年(一八六〇)桜田門外の変ののち、三月一八日万延元年となる。将軍は一三代徳川家定、一四代家茂(いえもち)。出典は「群書治要」の「庶人安政、然後君子安位矣」。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安政の関連情報