奥村つね(読み)おくむら つね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥村つね おくむら-つね

?-? 織豊時代の女性。
前田利家の家臣奥村永福(ながとみ)の妻。天正(てんしょう)12年(1584)夫がまもる能登(のと)(石川県)末森城が佐々成政(さっさ-なりまさ)軍に包囲され落城寸前となった際,みずから粥(かゆ)をにて城兵をはげまし,ともに城をまもったという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android