コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

能登 ノト

デジタル大辞泉の解説

のと【能登】

旧国名の一。今の石川県の北部にあたる。能州

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

のと【能登】

旧国名の一。石川県の北部能登半島を占める。能州。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の能登の言及

【能登半島】より

…本州中央部に位置する日本海側最大の半島。石川県の北半部を占め,一般に能登地方と呼ばれる。石川・富山県境をなす宝達(ほうだつ)丘陵を基部として北に突出し,南北約100km,東西約50kmに及び,半島基部から富来(とぎ),中島,能登島の3町を結ぶ線までの口能登と,その北の奥能登に区分される。…

※「能登」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

能登の関連キーワード石川県鳳珠郡穴水町石川県七尾市国分町能登牛プレミアム能登赤土馬鈴薯能登ミニトマトスカイのっぴーのと里山海道のと里山空港石川県鳳珠郡能登かぼちゃ石川県鹿島郡鹿島〈町〉志賀[町]鹿西〈町〉鳥屋〈町〉富来〈町〉能都〈町〉柳田〈村〉曾々木海岸内浦〈町〉

能登の関連情報