コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天正 テンショウ

3件 の用語解説(天正の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

てんしょう〔テンシヤウ〕【天正】

安土桃山時代、正親町(おおぎまち)天皇後陽成天皇の時の年号。1573年7月28日~1592年12月8日。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

てんしょう【天正】

年号(1573.7.28~1592.12.8)。元亀の後、文禄の前。正親町おおぎまち・後陽成天皇の代。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典の解説

てんしょう【天正】

日本の元号(年号)。安土桃山時代の1573年から1592年まで、正親町(おおぎまち)天皇、後陽成(ごようぜい)天皇の代の元号。前元号は元亀(げんき)。次元号は文禄(ぶんろく)。1573年(元亀4)7月28日改元。兵革(戦乱)の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『文選(もんぜん)』『老子(ろうし)』を出典とする命名。天正年間の室町幕府の将軍は足利義昭(よしあき)(15代)。ただし、義昭は1573年(天正1)7月に織田信長(のぶなが)によって京都から追放されたため、将軍として何の実権ももたなかった。天正年間は、織田信長と豊臣秀吉による織豊政権期(安土桃山時代)の大部分を占める。その前半は、反織田勢力による包囲網が破綻し、信長の覇権が確定した時期。1573年(天正1)8月には、朝倉義景(よしかげ)、次いで浅井長政(あざいながまさ)が信長に攻められて自害し、同年12月には松永久秀(ひさひで)が降伏した。武田信玄の死後、武田勝頼(かつより)が信長と徳川家康に敵対していたが、1575年(天正3)に織田・徳川の連合軍に大敗(長篠(ながしの)の戦い)、1578年(天正6)には上杉謙信(けんしん)が死去し、翌1579年(天正7)には天下統一の拠点、安土城の天主が完成している。しかし、1582年(天正10)に本能寺の変が起こって信長が死去し、覇業は豊臣秀吉が引き継いだ。1590年(天正18)の小田原の役で北条氏直(うじなお)が降伏したことで、秀吉は実質的に天下統一を達成した。この間の1586年(天正14)、正親町天皇は皇孫の後陽成天皇に譲位した。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天正の関連キーワード五辻富仲道恵文閑山岡如軒北小路俊孝安土桃山時代海北派文禄曽我派

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天正の関連情報