コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

末森城 すえもりじょう

日本の城がわかる事典の解説

すえもりじょう【末森城〈石川県〉】

石川県羽咋(はくい)郡宝達志水(ほうだつしみず)町(旧同郡押水町)にあった山城(やまじろ)。同県指定史跡。末森山(標高138.8m)につくられていた城郭である。加賀国と能登国を結ぶ交通の要衝にあった。畠山氏家臣で地頭の土肥親真によって築城されたとされているが、くわしい経緯は不明。1577年(天正5)、侵攻してきた越後の上杉謙信に降伏・開城し、家臣の斎藤朝信が入城したといわれているが、その後、親真が城主に復帰した。しかし、1580年(天正8)に、加賀一向一揆を制圧した織田家家臣の柴田勝家が攻め寄せ、親真は勝家に降伏・開城した。その後、親真は前田利家の与力となったために、末森城は利家に属することになった。このとき、親真は前田利家の妻芳春院(まつ)の姪を妻にしたといわれる。その後、親真は賎ヶ岳の戦いに従軍し討ち死にする。親真の死後、利家は末森城が戦略上の要衝にあったことから、重臣の奥村永福を配し、城の増修築を行った。1584年(天正12)9月、羽柴秀吉(豊臣秀吉)や利家に敵対した越中の佐々成政が、利家領国の加賀と能登を分断するために1万500の兵力で末森城を攻めた。佐々勢は二の丸まで陥落させたが、城主の奥村永福と兵500は利家の援軍がくるまで本丸を死守。援軍の到着で形勢は逆転し、佐々勢は越中に敗走した。この戦いは「末森合戦」とよばれ、利家はこの戦いに勝利したことで、能登・加賀統治の基礎を築いたといわれる。江戸時代に入り、1615年(元和1)に、一国一城令により廃城となった。末森城の本丸主門は金沢城(金沢市)の丸南門として移築されていたが、1759年(宝暦9)の大火で焼失した。また、本丸などにあった建物は解体され、城下の寺院などへ転用されたという記録もある。1985年(昭和60)に大規模な発掘調査が行われ、曲輪(くるわ)や建造物などの跡、生活用具や鉄砲の弾など15~16世紀の遺物が多数発見されたが、遺構はほとんど残っていない。「史跡 末森山古戦場」の石碑が建っている。JR七尾線宝達駅から徒歩約40分。◇末守城、末盛城とも記される。

すえもりじょう【末森城〈愛知県〉】

愛知県名古屋市千種(ちくさ)区にあった平山城(ひらやまじろ)。1548年(天文17)に織田信秀(織田信長の父)が三河の松平氏や駿河の今川氏に備えて築城し、織田信勝(信行、信長の弟)を入城させ、織田信光(信秀の弟)の居城守山城とともに東方の防衛拠点となった。同城は標高43mの丘の上に築かれた東西約200m、南北約160mの城域を持つ周囲を二重堀で囲んだ城郭である。那古野城(名古屋市中区)を居城としていた信秀は幼い嫡男信長に城を譲り、古渡城(ふるわたりじょう)(名古屋市中区)を築いて移り住んだが、晩年に末森城に移り、この城で1551年(天文20)に死去したといわれる。末森城主の信勝(信行)は1556年(弘治2)、織田家重臣の林秀貞、柴田勝家らとともに、信秀から家督を継いだ信長に叛旗を翻すが、稲生の戦いで敗れて和睦。その後、1557年(弘治3)に再び謀反を企てたことで、清洲城において信長に謀殺された。信勝(信行)の死後、末森城は城主不在のまま放置されて、その後廃城になった。現在、本丸跡地付近が城山八幡宮の境内になっており、境内には末森城址の石碑が建っている。また、旧二の丸にはかつて愛知県が建設した旧昭和塾堂(現在は愛知学院大学に貸与されている)がある。城跡には、「三日月堀」とよばれた半月形の丸馬出などは失われてしまったが、空堀跡などの遺構が現存している。名古屋市営地下鉄東山線覚王山駅から徒歩約5分。◇末盛城とも記述される。

出典|講談社日本の城がわかる事典について | 情報

末森城の関連キーワード愛知県名古屋市千種区城山町奥村永福の妻寺島牛之助奥村永福織田信秀織田信行奥村つね織田氏木舟城古渡城津幡城押水後詰

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android