妙光(読み)みょうこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

妙光 みょうこう

?-? 6世紀末ごろの尼僧。
崇峻(すしゅん)天皇3年(590)大伴狭手彦(おおともの-さてひこ)の娘善徳,大伴狛(こま)の妻,新羅媛(しらぎひめ)善妙,鞍部多須奈(くらつくりの-たすな)らとともに出家した。百済媛(くだらひめ)と記されていることから百済(朝鮮)からの渡来人とかんがえられている。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android