コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妙光 みょうこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

妙光 みょうこう

?-? 6世紀末ごろの尼僧。
崇峻(すしゅん)天皇3年(590)大伴狭手彦(おおともの-さてひこ)の娘善徳,大伴狛(こま)の妻,新羅媛(しらぎひめ)善妙,鞍部多須奈(くらつくりの-たすな)らとともに出家した。百済媛(くだらひめ)と記されていることから百済(朝鮮)からの渡来人とかんがえられている。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

妙光の関連キーワード群馬県沼田市坊新田町滋賀県野洲市小篠原花山院家賢日秀(1)花山院師継五山・十刹花山院長親野洲(市)九鼎竺重大内義弘孤峰覚明須弥山説井上文太心地覚心藤井瑞叔打它公軌大休正念義芳光訓無住思賢日蓮宗

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android