尼僧(読み)ニソウ

精選版 日本国語大辞典の解説

に‐そう【尼僧】

〘名〙
① 出家して仏門にはいった女性。あま。びくに。
※翰林葫蘆集(1518頃)一二・正岳慶因首座預修秉炬仏事「彷彿三生因大師、尼僧宛有大夫姿」 〔晉書‐簡文三子伝〕
② キリスト教の修道女。
※西洋聞見録(1869‐71)〈村田文夫〉前「スクールは原と尼の寝所なるを学校となせしものにて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の尼僧の言及

【尼】より

…尼を敬称して尼御前という。尼僧の住する寺を尼寺といい,門跡寺院の尼僧住持を尼門跡という。男僧と尼僧とによって奉祀される寺院があり,長野市善光寺は大勧進と大本願とからなり,前者は男僧,後者は尼僧で旧華族から選ばれ,尼公と尊敬される。…

【比丘尼】より

…出家して戒を受けた女性,仏教教団の正規の女性出家者。尼僧のこと,単に尼(あま)ともいう。サンスクリットbhikṣuṇī,パーリ語bhikkhunīの音写。…

※「尼僧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

尼僧の関連情報