コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

姥髪 ウバガミ

デジタル大辞泉の解説

うば‐がみ【×姥髪】

能の(かつら)の一。毛髪が白または白黒まじりのもので、老女に用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うばがみ【姥髪】

能で、老女の扮装ふんそうに用いる白髪のまじった鬘かつら。姥鬘うばかずら

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の姥髪の言及

【鬘】より

…また,《玉葛(たまかずら)》や《蟬丸(せみまる)》のシテ逆髪の宮のように鬘の毛を一握りほど分けて前へ垂らしたものを付髪(つけがみ)または乱髪(みだれがみ)という。老女の髪は姥髪(うばがみ)といい,毛髪が白または〈ごましお〉になるだけで,形はふつうの鬘と似ている。男役の鬘には《自然居士(じねんこじ)》《花月(かげつ)》などに用いる喝食鬘(かつしきかずら)がある。…

※「姥髪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

姥髪の関連キーワード高砂扮装

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android