孟母断機の教え(読み)モウボダンキノオシエ

デジタル大辞泉の解説

孟母(もうぼ)断機(だんき)の教(おし)え

《「古烈女伝」母儀・鄒孟軻母から》孟子の母が、孟子が学業半ばで帰ってきたとき、織っていた機のを断ち切って、学問を途中でやめることはこのようなものだと戒めたという故事断機の戒め。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる