コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孟母断機の教え モウボダンキノオシエ

デジタル大辞泉の解説

孟母(もうぼ)断機の教え

《「古烈女伝」母儀・鄒孟軻母から》孟子の母が、孟子が学業半ばで帰ってきたとき、織っていた機の糸を断ち切って、学問を途中でやめることはこのようなものだと戒めたという故事。断機の戒め

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もうぼだんきのおしえ【孟母断機の教え】

〔列女伝〕
孟子が学業半ばにして帰省した際、孟子の母が織りかけの機はたの糸を断ち切り、学業を中途で放棄することはこのようなものであるといましめた故事。断機の戒め。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

孟母断機の教えの関連キーワード教え孟母

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android