孟母断機の教え(読み)モウボダンキノオシエ

デジタル大辞泉の解説

孟母(もうぼ)断機の教え

《「古烈女伝」母儀・鄒孟軻母から》孟子の母が、孟子が学業半ばで帰ってきたとき、織っていた機の糸を断ち切って、学問を途中でやめることはこのようなものだと戒めたという故事。断機の戒め

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もうぼだんきのおしえ【孟母断機の教え】

〔列女伝〕
孟子が学業半ばにして帰省した際、孟子の母が織りかけの機はたの糸を断ち切り、学業を中途で放棄することはこのようなものであるといましめた故事。断機の戒め。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android