母儀(読み)ぼぎ

精選版 日本国語大辞典の解説

ぼ‐ぎ【母儀】

〘名〙
① 母たるものの手本。母道の模範。〔後漢書‐皇后紀〕
② ははぎみ。ははご。母堂。
※和漢朗詠(1018頃)下「堂に母儀います もって中天の月に逗留することなかれ〈慶滋保胤〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぼ‐ぎ【母儀】

母たる者としての模範。
ははぎみ。ははご。母堂。
「関東より―大宮院にたづね申しけるに」〈神皇正統記・亀山院〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android