コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇宙用原子炉 うちゅうようげんしろspace nuclear reactor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宇宙用原子炉
うちゅうようげんしろ
space nuclear reactor

宇宙空間での使用を目的とした原子炉。この炉から発生した熱を電気に変えるシステムとして,熱電変換,熱電子変換などの静的発電素子を用いるものと,タービンやスターリングエンジンのような熱機関を用いるものとがある。アメリカでは 1983年より SP-100 (Space Power 100kWe) 計画を開始し,リチウム冷却高速炉と熱電変換器を組み合わせた原子力発電システムの開発を進めている。旧ソ連ではすでに軍事衛星用の電源として用いられた実績があり,地上に落下して問題となった。また,原子力エネルギーを直接宇宙船の推進力に用いる研究も行なわれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

宇宙用原子炉の関連キーワードパスファインダ計画原子力電源

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android