宇宙用原子炉(読み)うちゅうようげんしろ(英語表記)space nuclear reactor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宇宙用原子炉
うちゅうようげんしろ
space nuclear reactor

宇宙空間での使用を目的とした原子炉。この炉から発生した熱を電気に変えるシステムとして,熱電変換,熱電子変換などの静的発電素子を用いるものと,タービンやスターリングエンジンのような熱機関を用いるものとがある。アメリカでは 1983年より SP-100 (Space Power 100kWe) 計画を開始し,リチウム冷却高速炉と熱電変換器を組み合わせた原子力発電システムの開発を進めている。旧ソ連ではすでに軍事衛星用の電源として用いられた実績があり,地上に落下して問題となった。また,原子力エネルギーを直接宇宙船の推進力に用いる研究も行なわれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android