宇野氏(読み)うのうじ

世界大百科事典 第2版の解説

うのうじ【宇野氏】

平安・鎌倉初期の大和の武士団。清和源氏頼親の流。大和国宇智郡宇野荘を本拠とした。頼親より3代後の頼治が初めて宇野冠者を号した。その子親弘は摂津国豊島に住したが,親弘の子親治は宇野に住し宇野七郎と号した。親治は保元の乱に際し左大臣藤原頼長の召に応じて上京し,崇徳上皇方にくみして捕らえられたが,後に許されて帰郷した。宇野荘の荘務は頼治→親弘と長子相続されたが,親弘は故あって親治に譲らず,次男基重,三男親満,女子伊予内侍高倉院女房に分割譲与した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の宇野氏の言及

【海野氏】より

…信濃国海野荘(現,長野県小県郡東部町)を名字とする氏族。宇野氏とも書く。出自不詳。…

※「宇野氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宇野氏の関連情報