コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇野 うの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宇野
うの

岡山県南部,玉野市の中心市街地の一部。旧町名。 1940年日比 (ひび) 町と合体して玉野市となる。明治の中頃までは塩田地域であった。 1909年築港が完成,翌 10年国鉄宇野線開通と同時に高松と結ぶ宇高連絡船が就航したが,88年瀬戸大橋の開通で廃止。 1929年に第二種重要港湾,30年開港場の指定を受け,国内,国外からの貨物船も入港。高松や直 (なお) 島,小豆島など島嶼部への連絡航路をはじめ,瀬戸内海航路が集中する交通の要地栽培漁業センターもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

うの【宇野】[地名]

岡山県玉野市の地名港町。もと宇高連絡船の発着地。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

宇野【うの】

岡山県玉野市の一部で宇野港がある。1909年築港が完了,1910年宇野線が開通,宇高連絡航路も就航して四国連絡の拠点となった(本州四国連絡橋の架橋後は,宇高連絡船は廃止されたが,民間のフェリーが残っている)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

うの【宇野】

岡山県玉野市東部の地名。もと宇高連絡船が四国高松と結んだ。

うの【宇野】

姓氏の一。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宇野
うの

岡山県南部、玉野市の一地区。塩田のある農村であったが、明治期の終わりに宇野港、国鉄宇野線(現JR宇野線)の開設で、高松まで宇高(うこう)連絡線の航路ができ、四国への玄関口となった。宇野港は外材、活魚輸入港としても活動している。本州四国連絡橋の架橋によって連絡線は廃止されたが、宇高航路として宇野―高松間をフェリーが就航している。国道30号、430号が通じる。[由比浜省吾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の宇野の言及

【玉野[市]】より

…岡山県南部,児島半島東半を占める市。1940年宇野町と日比町が合体,市制。人口7万1330(1995)。…

※「宇野」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

宇野の関連キーワードめがねくんはちょうちょにあこがれるわが生涯のかがやける日望月太左衛門(1世)六合新三郎(初代)ひざっこぞうマーチ山口県岩国市川西もえあがれ雪たち虹のバクテリア枯木のある風景四人目の淑女悪魔のりんごこころの山脈岡山県玉野市舌鼓を打つ子を貸し屋玉野[市]有りっ限りこくどう丸不知火検校人間の壁

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宇野の関連情報