長子(読み)ちょうし

精選版 日本国語大辞典「長子」の解説

ちょう‐し チャウ‥【長子】

〘名〙 最も年長の子。第一番目の子。総領。ふつう男子にいう。嫡子長男
※懐風藻(751)葛野王伝「王子者、淡海帝之孫、大友太子之長子也」
※神皇正統記(1339‐43)下「后腹の長子にてましまししかども」 〔易経‐序卦〕

え‐こ【長子】

〘名〙 (「兄子(えこ)」の意) 長男。長子。
※書紀(720)大化五年三月(北野本訓)「大臣、長子(エコ)の興志(こし)に謂て曰はく、汝、身愛(をし)むや、といふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android