コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

完全非弾性衝突 カンゼンヒダンセイショウトツ

デジタル大辞泉の解説

かんぜん‐ひだんせいしょうとつ〔クワンゼン‐〕【完全非弾性衝突】

二つの物体が衝突したときに、跳ね返されず、一体となってしまう衝突。→弾性衝突

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の完全非弾性衝突の言及

【衝突】より

…一般には,これら前後の相対速度の比をもって反発の度合を表す(負号をつけるのはv1v2の方向とv1′-v2′の方向が反対方向のため)。eを反発係数coefficient of restitutionといい,e=1が完全弾性衝突,0<e<1が非弾性衝突であり,e=0は完全塑性衝突,または完全非弾性衝突と呼ばれる。e<1の場合は相対運動のエネルギーは衝突後球の内部エネルギー(熱エネルギー)に変換される。…

※「完全非弾性衝突」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

完全非弾性衝突の関連キーワード非弾性衝突反発係数

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

完全非弾性衝突の関連情報