コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗貞 そうてい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宗貞 そうてい

?-? 織豊時代の仏師。
天正(てんしょう)14年(1586)豊臣秀吉が発願した京都方広寺の大仏造立に弟の宗印とともにたずさわる。現存作に奈良伝香寺釈迦(しゃか)像,京都大徳寺方丈の釈迦像,和歌山県青岸渡寺(せいがんとじ)阿弥陀(あみだ)像など。法印。通称は奈良下御門(しもみかど)大仏師

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

宗貞の関連キーワード岐阜県飛騨市神岡町東茂住応永の外寇・応永の外冦鴻池善右衛門(4代)西村善五郎(6代)応永の外寇波多野宗長遍昭・遍照山田 貞子厳原[町]河合伝十郎吉野屋慶寿積恋雪関扉打它公軌どれ合ふ織豊時代嘉吉条約大戸清上伊達村年神岡鉱山奈良利宗

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宗貞の関連情報