コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あみだ あみだ

世界大百科事典内のあみだの言及

【神籤】より

…中世ではくじに孔子の字をあてることが広くみられた。また阿弥陀光(あみだのひかり)といい,阿弥陀仏の後光を描き,それをくじとして飲食の出銭高などを決める方法もあった。孔子,阿弥陀ともに常人よりすぐれた存在であり,これをくじの名称としていたことは,当時の人々のくじに対する心意をうかがわせるものである。…

※「あみだ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

あみだの関連キーワード神奈川県足柄下郡箱根町塔之澤福島県南相馬市鹿島区南屋形広島県豊田郡大崎上島町東野広島県尾道市向島町岩子島滋賀県甲賀市甲賀町櫟野あみだくじ(阿弥陀籤)宮城県仙台市若林区新寺鳥辺野/鳥部野/鳥戸野長崎県平戸市野子町茨城県稲敷市上根本長野県諏訪市上諏訪山口県防府市牟礼蜘蛛の巣後光南無阿弥陀仏阿弥陀寺文書阿弥陀寺四至大阪ぐらし阿弥陀被り悪人正機説赤間神宮

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

あみだの関連情報