コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿弥陀 アミダ

世界大百科事典 第2版の解説

あみだ【阿弥陀】

極楽浄土にいて衆生を救済するとされる仏。弥陀とも略称される。《無量寿経》によれば,過去世に法蔵比丘が世自在王如来のもとで四十八の誓願をたて,長期間の修行を果たし,現在では阿弥陀仏となり,極楽浄土の主となって,その浄土へ往生を願う衆生を摂取するという。四十八の誓願のうち第十八願は阿弥陀仏を念ずれば極楽往生できるというもので,後世の中国,日本では称名念仏の根拠とされた。この仏はサンスクリット文献ではAmitābha(無量光),Amitāyus(無量寿)として現れるが,阿弥陀はおそらくこの前半部amita(無限)の方言であろう(他にも説がある)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あみだ【阿弥陀】

Amitāyus(無量寿と漢訳)・Amitābha(無量光と漢訳)の音訳〕
○ 〘仏〙 大乗仏教の浄土教の中心をなす仏。法蔵比丘びくとして修行中に衆生しゆじよう救済の願をたて、現在は成仏し西方の極楽浄土で教化しているとされる。自力で成仏できない人も、念仏を唱えればその救済力によって、極楽に往生すると説く。平安時代に信仰が高まり、浄土宗・浄土真宗の本尊となる。弥陀みだ。阿弥陀仏。阿弥陀如来。無量寿仏むりようじゆぶつ。無量光仏。無碍光仏むげこうぶつ。清浄光仏。尽十方無碍光如来じんじつぽうむげこうによらい
「あみだくじ」の略。
「あみだかぶり」の略。
「あみだがさ」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

阿弥陀 (アミダ)

植物。マメ科の多年草。シャジクソウの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内の阿弥陀の言及

【縁日】より

… 文献の上では,《今昔物語集》に記された観音の縁日18日がもっとも早い。平安時代には,阿弥陀,観音,地蔵の信仰が卓越しており,阿弥陀が15日,地蔵が24日となっている。なお《古事談》には,地蔵を8日にしているが,むしろ8日は薬師の縁日が一般的であった。…

【極楽】より

…阿弥陀仏の浄土の名。サンスクリットではスカーバティーsukhāvatī。…

【大無量寿経】より

…《無量寿経》《大経》とも呼ばれる。浄土教の根本聖典の一つで,《観無量寿経》《阿弥陀経》とともに〈浄土三部経〉を形成する。原題はサンスクリットで《スカーバティービューハSukhāvatīvyūha(極楽の荘厳)》といい,同題の《阿弥陀経》と区別して,〈大スカーバティービューハ〉と呼ぶ。…

【手】より

…釈迦が手を自在に大きくした話は《西遊記》にあり,孫悟空がひと跳び10万8000里をいく觔斗雲(きんとうん)を駆って,いかに飛んでも釈迦の手掌から出られなかった。仏の手には不思議が多く,阿弥陀如来の手掌には1000本の車の輻(や)がすじとなって交差し,その放つ光は金の水となって畜生を畏怖(いふ)させる。また指間には水かきのような膜があり,指はしなやかで背側に屈曲しても物を握ることができ,指先には吉祥を示す卍(まんじ)印があると源信は教えている(《往生要集》)。…

※「阿弥陀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

阿弥陀の関連キーワード山越阿弥陀(やまごしのあみだ)福島県南相馬市鹿島区南屋形福島県いわき市内郷白水町阿弥陀の光も金次第滋賀県草津市芦浦町山形県南陽市池黒白水阿弥陀堂南無阿弥陀仏阿弥陀如来阿弥陀護摩南無阿弥陀築地本願寺二十五菩薩弥陀如来阿弥陀堂無辺光仏阿弥陀瀬一念往生一念称名阿弥陀法

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

阿弥陀の関連情報