コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗頼茂 そう よりしげ

2件 の用語解説(宗頼茂の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宗頼茂 そう-よりしげ

?-? 南北朝-室町時代の武将。
宗澄茂(すみしげ)の子。宗経茂(つねしげ)の弟頼次(宗香)にはじまる庶流仁位(にい)宗氏に属す。明徳3=元中9年(1392)ごろ澄茂の跡をつぎ対馬(つしま)(長崎県)守護となる。応永4年ごろ朝鮮政府と修好関係をもった。5年惣領家の貞茂に支配権をうばわれた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

宗頼茂

生年:生没年不詳
南北朝・室町時代の武将。対馬守護。右馬大夫。『宗氏家譜』など江戸時代の史書は宗氏惣領家経茂の子とするが,庶流の仁位宗氏の一族とする説が有力。室町時代初期に宗澄茂の地位を継承して守護となったが,応永5(1398)年,惣領家の貞茂にその地位を奪われたらしい。なお,応永4年5月に朝鮮が倭寇の取り締まりを依頼した「対馬島守護李大卿」とは,頼茂のこととされている。<参考文献>長節子『中世日朝関係と対馬』

(佐伯弘次)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宗頼茂の関連キーワード対馬守言茂菊池兼朝相良前頼武田信春伊達範宗土岐頼忠長瀬泰貞仁木義員三浦高連遊佐国長

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone