コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗経茂 そう つねしげ

2件 の用語解説(宗経茂の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宗経茂 そう-つねしげ

?-1370/72 南北朝時代の武将。
宗盛国(もりくに)の子。少弐(しょうに)氏につかえ筑前(ちくぜん)(福岡県)の守護代,対馬(つしま)(長崎県)の地頭代をつとめる。延文4=正平(しょうへい)14年大保原(おおほばる)合戦で少弐頼尚(よりひさ)が菊池武光に大敗し勢力がおとろえると,対馬の実質的支配権を確立し,また高麗(こうらい)(朝鮮)との貿易をはじめた。応安3=建徳元/応安5=文中元年死去。通称は彦次郎。法名は宗慶。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

宗経茂

生年:生没年不詳
南北朝時代の武将。少弐氏の対馬守護代。刑部丞。出家して宗慶と号す。宗氏惣領家盛国の子。14世紀の半ば,対馬の島主となり,宛行状や預ケ状を出している。応安1/正平23(1368)年11月,宗氏としては初めて高麗に使者を遣わし,米1000石を与えられ,朝鮮通交の基礎を作った。また,少弐頼尚の代官として九州でも活動し,九州内所領の宛行状も残っている。経茂ののち,対馬島主の地位は庶流仁位宗氏の澄茂に移った。<参考文献>長節子『中世日朝関係と対馬』

(佐伯弘次)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宗経茂の関連キーワード対馬守言茂今川頼貞儀俄氏秀島津忠兼(1)少弐貞頼陶興房宗頼茂長瀬泰貞南部政行遊佐国長

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone