定額電灯料金(読み)ていがくでんとうりょうきん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「定額電灯料金」の解説

定額電灯料金
ていがくでんとうりょうきん

電気料金制度における支払形態の一つで,電灯および小型機器の総取付け口数が4灯以下で,しかも総容量が 400W以下の電灯需要に適用される料金。使用量が少く,需要家間の使用態様のも大きくないところでは,使用電力量の計量を行わず,定額料金を徴収するシステムである。現在ではこの料金システムを使用することはごくわずかであり,従量電灯料金がほとんどとなっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android