計量(読み)けいりょう(英語表記)metric

翻訳|metric

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

計量
けいりょう
metric

一般的に距離のことをいうこともあるが,特に数学では「計量」という用語を無限小計量の意味に使うことが多い。すなわち,たとえば
の形で ds が考えられるとき,これから距離概念が考えられるわけで,これを計量という。この例はリーマン幾何学のリーマンの計量であるが,もっと一般的に種々の計量を微分幾何学では考える。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

けい‐りょう〔‐リヤウ〕【計量】

[名](スル)重量や分量をはかること。「選手の体重を計量する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けいりょう【計量】

( 名 ) スル
重量・分量などをはかること。 「試合前に体重を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

けい‐りょう ‥リャウ【計量】

〘名〙
① 長さや重さなど物の数量をはかること。分量、目方をはかること。
※町人嚢(1692)三「農業時を失はず、商売計量(ケイリャウ)を敬む事、是秘密の事なりといはれし」 〔宋史‐食貨志上二〕
② どうであるか、どうなっていくかなどを考えたり、予測したりすること。
※重源譲状‐建久八年(1197)六月一五日「如在生計量、閉眼之後、雖一処相違
※東京日日新聞‐明治四四年(1911)一一月一三日「大局を計量せしむべしと」
③ 数学で、距離空間の距離。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の計量の言及

【度量衡】より


[衡(質量の基準)]
 質量(ないしは重量,ただし厳密にいえば重量は力の一種であって,質量とは峻別(しゆんべつ)されなければならない)の測定に関する歴史は,前数十世紀の時代にさえさかのぼりうるといわれるが,伝承されている史料のうちでもっともポピュラーなのは,古代エジプトのパピルス〈死者の書〉にしるされたてんびんの図であろう。そこには,霊魂と羽毛との比較計量のありさまが描かれているが,当時の〈衡〉がこの羽毛によって定められていたわけではない。古代オリエント諸国にほぼ共通して,(ロ)の自然物方式が行き渡っており,小麦の粒による質量基準が定められていた。…

※「計量」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

計量の関連情報