宝山寺(中国)(読み)ほうざんじ

  • 中国
  • 宝山寺

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中国、河南(かなん/ホーナン)省彰徳の西、宝山にある寺。石窟(せっくつ)で有名である。546年(東魏(ぎ)の武定4)地論(じろん)宗祖光統律師の高弟道憑(どうひょう)が開削した石窟寺院で、のちに霊泉寺(れいせんじ)と称した。石窟は南北2洞あり、南の大留窟(だいりゅうくつ)(硃砂(しゅさ)洞)は道憑の開削で、東魏様式の釈迦(しゃか)・弥陀(みだ)・弥勒(みろく)の三尊像がある。北の大住窟(響堂(きょうどう)洞)は、弟子の霊裕(れいゆう)が北周の武帝の排仏ののち、589年(隋(ずい)の開皇9)新たに釈迦三尊像を開削したものである。両窟の名は、霊裕が那羅延天(ならえんてん)の金剛性力による正法留住を祈願したものといい、窟内には護法の諸天善神を刻し、『法華経(ほけきょう)』寿量品(じゅりょうぼん)、『大集経(だいじっきょう)』月蔵分法滅尽品、『涅槃経(ねはんぎょう)』の雪山童子捨身求法無常偈(せっさんどうじしゃしんぐほうむじょうげ)の文などを刻む。

[里道徳雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android