コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

涅槃経 ネハンギョウ

百科事典マイペディアの解説

涅槃経【ねはんぎょう】

《大般(だいはつ)涅槃経》の略。小乗の経典と大乗の経典の2種がある。小乗の涅槃経は東晋の法顕(ほっけん)が418年に訳したもので,大般泥【おん】(ないおん)経といい,釈迦入滅前後の事実記録を中心とする。インドでの成立は3世紀末と推定され,諸本への引用により,パーリ語であったと思われる。大乗の涅槃経には,北本涅槃と称する曇無讖(どんむしん)訳,40巻本と,南本涅槃と称する慧観(えかん)・慧厳(えごん)・謝霊運訳,36巻本とがあり,後者は大般泥【おん】経を参照して北本を再治したもの。ともに釈迦入滅前の教説に中心を置き,涅槃の事実よりも,仏の不滅性(法身常住)と衆生のうちにある成仏の可能性(悉有(しつう)仏性)を明らかにする。
→関連項目いろは歌

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ねはんぎょう【涅槃経】

「大般涅槃経だいはつねはんぎよう」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

涅槃経の関連キーワードカール・E. ノイマン一切衆生悉有仏性草木国土悉皆成仏三重県津市乙部群盲象を撫ず盲亀の浮木諸行無常偈寂滅為楽応病与薬非情成仏悉皆成仏羊の歩み是生滅法屠所の羊雪山偈浄影寺涅槃図理密教涅槃宗三徳

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android