涅槃経(読み)ねはんぎょう

百科事典マイペディアの解説

涅槃経【ねはんぎょう】

《大般(だいはつ)涅槃経》の略。小乗の経典と大乗の経典の2種がある。小乗の涅槃経は東晋の法顕(ほっけん)が418年に訳したもので,大般泥【おん】(ないおん)経といい,釈迦入滅前後の事実記録を中心とする。インドでの成立は3世紀末と推定され,諸本への引用により,パーリ語であったと思われる。大乗の涅槃経には,北本涅槃と称する曇無讖(どんむしん)訳,40巻本と,南本涅槃と称する慧観(えかん)・慧厳(えごん)・謝霊運訳,36巻本とがあり,後者は大般泥【おん】経を参照して北本を再治したもの。ともに釈迦入滅前の教説に中心を置き,涅槃の事実よりも,仏の不滅性(法身常住)と衆生のうちにある成仏の可能性(悉有(しつう)仏性)を明らかにする。
→関連項目いろは歌

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ねはんぎょう【涅槃経】

「大般涅槃経だいはつねはんぎよう」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ねはん‐ぎょう ‥ギャウ【涅槃経】

正しくは「大般(だいはつ)涅槃経」。
[一] 原始仏教の経典。釈迦の晩年から入滅前後までを伝記的に述べながら、仏教の基本的な立場を明らかにする。パーリ語の原典のほか、諸種漢訳がある。原名マハーパリニッバーナ‐スッタンタ。
[二] 大乗仏教の経典。北本涅槃経と南本涅槃経とがある。北本は四〇巻。北大涅槃経・大本涅槃ともいう。北涼の曇無讖訳。真理そのものとしての仏は永遠であり、生きとし生けるもののすべてに仏の本性がそなわっていると説く。南本は三六巻。劉宋の慧観・慧厳・謝霊運が(一)の漢訳のうち東晉の法顕訳の大般泥洹経を参照し、北本を再治したもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android