コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宝泉寺[温泉] ほうせんじ

2件 の用語解説(宝泉寺[温泉]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

宝泉寺[温泉]【ほうせんじ】

大分県九重(ここのえ)町にある温泉。単純泉。43〜96℃。九重温泉郷の一つで,町田川の支流宝泉寺川の谷にあり,川岸・川中からわく。耶馬日田英彦山国定公園に属し,万年(はね)山,涌蓋(わいた)山への登山基地。
→関連項目九重温泉郷

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうせんじ【宝泉寺[温泉]】

大分県玖珠(くす)郡九重(ここのえ)町の温泉。九重(くじゆう)山と万年(はね)山との間を流れる町田川沿いにある。地名の起りは,かつてこの温泉を開いたといわれる空也上人をしのんで建てられた宝泉寺があったことによる。湯量はきわめて豊富で,泉質は単純泉,食塩泉,泉温86~93℃。平安時代からの歴史をもち,九重温泉郷の中で最も開け,旅館数も多い。久大本線豊後森駅からバスが通じ,国道387号線も通る。【勝目 忍】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone