万年(読み)マンネン

デジタル大辞泉の解説

まん‐ねん【万年】

[名]1万年。また、非常に長い年月。よろずよ。「鶴は千年、亀は万年
[接頭]名詞に付いて、いつまでも変わらず、その状態であるという意を表す。「万年青年」「万年補欠」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まんねん【万年】

一万年。長い年月。 「鶴は千年、亀は-」
名詞の上に付いて、接頭語的に用い、いつまでも変わらずにその状態である意を表す。 「 -青年」 「 -補欠」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

まん‐ねん【万年】

[1] 〘名〙 万の年数。また、非常に長い年月。また、長寿。万歳。ばんねん。
※懐風藻(751)春苑〈田辺百枝〉「適遇上林会、忝寿万年春」 〔詩経‐曹風・鳲鳩〕
[2] 〘接頭〙 いつまでも変わらずに同じ状態であるの意を添える。「万年青年」「万年平社員」など。
※咄本・喜美賀楽寿(1777)祝言「長い白髪がはへて、御箱や御馬の鞍には亀を付て〈略〉住吉町の方へござった。おさへの衆に御名を聞たれば、万年いきのかみ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

万年の関連情報