コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実円 じつえん

1件 の用語解説(実円の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

実円 じつえん

?-? 鎌倉-南北朝時代の画僧。
京都の人。建武(けんむ)5=延元3年(1338)法隆寺聖徳太子御影(みえい)や太子絵伝を修復した。播磨法橋(はりまほっきょう)ともいう。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

実円の関連キーワード持明院統大覚寺統南北朝時代無等周位俊英浄賀一之周豪尊真良円(7)

実円の関連情報