コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実円 じつえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

実円 じつえん

?-? 鎌倉-南北朝時代の画僧。
京都の人。建武(けんむ)5=延元3年(1338)法隆寺聖徳太子御影(みえい)や太子絵伝を修復した。播磨法橋(はりまほっきょう)ともいう。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

実円の関連キーワード正親町三条実躬南北朝時代実躬卿記高瀬梅盛三条実躬善徳寺画僧

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

実円の関連情報