建武(読み)ケンム

大辞林 第三版の解説

けんむ【建武】

年号(1334.1.29~1336.2.29)。元弘の後。建武三年、後醍醐ごだいご天皇は南朝を樹立して延元とし、北朝は建武を継承し、建武5年8月28日、暦応と改元。後醍醐天皇および北朝の光明こうみよう天皇の代。けんぶ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

けんむ【建武】

日本の元号(年号)。鎌倉時代から室町時代(南北朝時代)にかけての1334年から1336年まで、後醍醐(ごだいご)天皇の代の元号。前元号は元弘(げんこう)。次元号は延元(えんげん)。1334年(元弘4)1月29日改元。後漢の光武(こうぶ)帝の使った元号「建武」にならったもの。1333年(元弘3)、配流先の隠岐を脱出して京に戻った後醍醐は、持明院統(じみょういんとう)の光厳(こうごん)天皇の即位と「正慶(しょうきょう)」の元号の無効を宣言し、天皇による親政を開始した(建武の新政)。しかし、新政は足利尊氏(たかうじ)の離反により2年たらずで行き詰まる。1336年(建武3/延元1)、後醍醐は延元と改元するが、尊氏は入洛して光明(こうみょう)天皇を擁立し幕府を開き(北朝)、1338年に暦応(りゃくおう)と改元するまで「建武」の元号を使い続けた。同年、後醍醐は吉野に逃れ南朝(吉野朝廷)を建て、南北朝時代が始まった。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

けんむ【建武】

南北朝時代、後醍醐天皇の代の年号。元弘四年(一三三四)一月二九日、擾乱帰正のために、後漢の光武帝の年号にならって改元。南朝では建武三年(一三三六)二月二九日延元と改元。北朝では引き続き、この年号を用いて、建武五年八月二八日、暦応と改めた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

建武の関連情報