コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建武 ケンム

大辞林 第三版の解説

けんむ【建武】

年号(1334.1.29~1336.2.29)。元弘の後。建武三年、後醍醐ごだいご天皇は南朝を樹立して延元とし、北朝は建武を継承し、建武5年8月28日、暦応と改元。後醍醐天皇および北朝の光明こうみよう天皇の代。けんぶ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

けんむ【建武】

日本の元号(年号)。鎌倉時代から室町時代(南北朝時代)にかけての1334年から1336年まで、後醍醐(ごだいご)天皇の代の元号。前元号は元弘(げんこう)。次元号は延元(えんげん)。1334年(元弘4)1月29日改元。後漢の光武(こうぶ)帝の使った元号「建武」にならったもの。1333年(元弘3)、配流先の隠岐を脱出して京に戻った後醍醐は、持明院統(じみょういんとう)の光厳(こうごん)天皇の即位と「正慶(しょうきょう)」の元号の無効を宣言し、天皇による親政を開始した(建武の新政)。しかし、新政は足利尊氏(たかうじ)の離反により2年たらずで行き詰まる。1336年(建武3/延元1)、後醍醐は延元と改元するが、尊氏は入洛して光明(こうみょう)天皇を擁立し幕府を開き(北朝)、1338年に暦応(りゃくおう)と改元するまで「建武」の元号を使い続けた。同年、後醍醐は吉野に逃れ南朝(吉野朝廷)を建て、南北朝時代が始まった。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

建武の関連キーワード熱田大宮司親昌上杉憲房(1)二条河原落書建武以来追加建武年中行事竹ノ下の戦い竹下の戦い安居院浄俊二階堂是円二階堂貞藤西園寺実俊建武の中興雑訴決断所建武の新政建武年間記西園寺公宗尊良親王護良親王上杉憲房中原章賢

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

建武の関連情報