画僧(読み)ガソウ

大辞林 第三版の解説

がそう【画僧】

僧籍にある画家、または絵の上手な僧侶。特に中世の禅僧で、山水画などに長じた人たちをさすこともある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

が‐そう グヮ‥【画僧】

〘名〙 絵を描く僧。特に、明兆、如拙、周文、雪舟など中世の禅僧で、絵を専門に描く者をさしていう。絵仏師(えぶっし)
※茶話(1915‐30)〈薄田泣菫〉幽霊の芝居見「寂照寺の画僧(グヮソウ)月僊は」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の画僧の言及

【絵仏師】より

…さらに絵仏師の世俗画領域への進出や職業化によって,僧職意識に変化があらわれてくる。他方,明恵上人の同朋恵日房成忍(じようにん)のような本来僧であって画技にすぐれた画僧があらわれ,鎌倉後期以降の禅林画僧をうむ基盤が確立する。【吉田 友之】。…

※「画僧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

画僧の関連情報