コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

画僧 ガソウ

大辞林 第三版の解説

がそう【画僧】

僧籍にある画家、または絵の上手な僧侶。特に中世の禅僧で、山水画などに長じた人たちをさすこともある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の画僧の言及

【絵仏師】より

…さらに絵仏師の世俗画領域への進出や職業化によって,僧職意識に変化があらわれてくる。他方,明恵上人の同朋恵日房成忍(じようにん)のような本来僧であって画技にすぐれた画僧があらわれ,鎌倉後期以降の禅林画僧をうむ基盤が確立する。【吉田 友之】。…

※「画僧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

画僧の関連キーワード岳翁蔵丘・嶽翁蔵丘大雅堂定亮宗観(2)聖観(1)良円(7)行海(1)天橋立図玉堂清暇漲川永海小栗宗湛兆渓元明墨齋紹等鉄翁祖門曽道怡寒殿司山水画鳥羽絵月僊伝古観盛

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

画僧の関連情報