画僧(読み)ガソウ

大辞林 第三版の解説

がそう【画僧】

僧籍にある画家、または絵の上手な僧侶。特に中世の禅僧で、山水画などに長じた人たちをさすこともある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の画僧の言及

【絵仏師】より

…さらに絵仏師の世俗画領域への進出や職業化によって,僧職意識に変化があらわれてくる。他方,明恵上人の同朋恵日房成忍(じようにん)のような本来僧であって画技にすぐれた画僧があらわれ,鎌倉後期以降の禅林画僧をうむ基盤が確立する。【吉田 友之】。…

※「画僧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

画僧の関連情報