コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実眼 じつげん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

実眼 じつげん

?-? 平安後期-鎌倉時代の仏師。
康慶(こうけい)の弟という。文治(ぶんじ)4年(1188)から翌年にかけて,康慶一門がおこなった興福寺南円堂造仏にくわわり,四天王像をつくった。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

実眼

生年:生没年不詳
鎌倉前期の仏師。康慶の弟と伝える。興福寺の『南円堂御本尊以下御修理先例』には,文治4(1188)年から5年にかけて造立された同堂四天王像は実眼の作と記されるが,この記録以外に名はみえない。

(浅井和春)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

実眼の関連キーワードAR眼鏡題目踊生年

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android