コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実蠅/果実蠅 ミバエ

デジタル大辞泉の解説

み‐ばえ〔‐ばへ〕【実×蠅/果×蠅】

双翅(そうし)目ミバエ科の昆虫の総称。体長5、6ミリのものが多く、頭部は半球形をし、翅(はね)は透き通って斑紋(はんもん)のあるものが多い。幼虫は蛆(うじ)で、果実や花・葉・茎などに食い入る。チチュウカイミバエ・ミカンコミバエ・ウリミバエなどが農業害虫として知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みばえ【実蠅】

ハエ目ミバエ科の昆虫の総称。全世界に約5000種、日本では約150種知られる。体長5ミリメートル 内外。はねに美しい斑紋がある。幼虫は果実に潜入して食害するものが多いが、他に葉にもぐるもの、虫こぶ(虫癭ちゆうえい)を作るもの、花にもぐるものなどがある。農業害虫として著名で、日本への侵入を防ぐため、輸入を禁じられているウリ・バナナ・柑橘かんきつ類などが少なくない。ウリミバエ・ミカンコミバエ・チチュウカイミバエなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

実蠅 (ミバエ)

動物。ミバエ科のハエの総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

実蠅/果実蠅の関連キーワード虫こぶ動物内外

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android