はえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

はえ

西日本でよく用いられる南風の呼び名。夏の南東季節風の地方名。梅雨初期の層雲が漂う頃のものを黒南風(くろはえ),集中豪雨の発生しやすい梅雨末期のものを荒南風(あらはえ),梅雨明け後の白い積雲が浮かぶ盛夏のものを白南風(しろはえ)といって,区別して用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

はえの関連情報