コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実質預金

2件 の用語解説(実質預金の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

実質預金

銀行の表面上の預金額(表面預金)から、現金ではないが銀行が名目上は預金として受け入れている他行払い手形、小切手額などを差し引いたもの。銀行が正味で所有している「運用可能預金」に相当する。未決済の他行払い手形や小切手は、交換決済を済ませるだけで現金になるが、銀行同士が現金預金を増やすために持ち合っている場合もあるためである。近年の、「表面預金」と「実質預金」は、ほぼ3~5兆円程度とされている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

実質預金
じっしつよきん
real deposit

金融機関に預け入れられた預金種目の総合計 (総預金) から未決済の他店払い手形・小切手類の合計金額を差引いたものをいい,純預金,ネット預金ともいう。すなわち金融機関が支払資金とすることができる預金額である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

実質預金の関連情報