残高(読み)ざんだか

精選版 日本国語大辞典「残高」の解説

ざん‐だか【残高】

〘名〙
① 収支または貸借の差引勘定をして残った金額。残額残金。〔英和商業新辞彙(1904)〕
② 元と歩合高との差。これを求める公式は、残高=元高×(l-歩合)

のこり‐だか【残高】

〘名〙 差し引いて残った高。ざんだか。
地方凡例録(1794)四「残り高十石反は一町歩有之は」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の残高の言及

【ストック】より

…現金保有量のように,時間を測る単位の変更によってもその大きさが変わらない変数をストックと経済学では呼ぶ。したがってストックとは,会計学,簿記において〈残高〉と呼ぶ概念と同じであり,また物理学での位置に対応する概念である。ストックに属する概念は,マクロ的な変数では国富,貨幣供給量,外貨準備高等が代表的であり,ミクロ的な変数では各企業の負債残高,資本金,棚卸資産,固定資産等の貸借対照表の項目や,家計の保有する貨幣量,預金量が代表的なものである。…

※「残高」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android