宮之原 謙(読み)ミヤノハラ ケン

20世紀日本人名事典の解説

昭和期の陶芸家 東陶会会長。



生年
明治31(1898)年2月9日

没年
昭和52(1977)年8月23日

出生地
鹿児島市鷹師町

学歴〔年〕
早稲田大学理工学部建築科中退

主な受賞名〔年〕
日本芸術院賞〔昭和32年〕,千葉県文化功労者〔昭和45年〕

経歴
昭和の初め山内多門に日本画を、宮川香山板谷波山陶芸を学んだ。2年東陶会に参加、4年帝展に初入選、6、7年帝展に連続特選となり、8年帝展無鑑査、13、14年に連続審査員。その間8年から新潟陶苑の指導に当たった。戦後日展に属し25年日展参事、24年には東京教育大学教育学部講師として工芸を指導した。代表作に「象嵌磁泰山木飾壺」「窯変釉百合彫文壺」「金彩サボテン壺」「釉象嵌『』小香炉」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android